ボイログ運営スタッフ

ラッタの自己紹介_どん底人生を変える5000円札のベストな使い道

ご覧いただきありがとうございます。ラッタと申します。

プロフィールページということで、ここではたった1枚の5000円札がきっかけでどん底人生から這い上がった、僕の身の上話をだらだらとさせていただきます。

もしお暇でしたら、お付き合いただけますと幸いですm(__)m

1984年5月6日生まれの♂。

東京で生まれ、名古屋で育ち、中学校に上がってから現在までずっと千葉県に住んでいます。

 

趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞。基本インドア嗜好。だけど友達は多い方だと思うので、外にもよく出かけます。

多趣味といえば多趣味なのですが、「好きなもの1個だけにしぼれ!」と言われれば、音楽がいちばんかなー。

聴くのもそうですし、ギターやベースを演奏したり。10代の頃からずっとバンドマンでした。

 

職業は、けっこう不詳。笑

僕のことをせどらーだと思ってる方もいるし、ライターだと思ってる方もいる。マーケッターとも呼ばれるしweb周り全般の何でも屋さんとも呼ばれます。

 

だいたい合ってます。

パソコン抱えてどこへやら。場所や環境を選ばず仕事する「ノマド」ってやつです。

 

主には、本業ゴーストライター、副業せどり&せどりの情報発信。あとは知り合いや友人の集客支援や…まあたしかに何でも屋っぽいこともやってます。

・本業→ライスワーク(ご飯を食べるお金を稼ぐための活動)
・副業→ライフワーク(自分自身や周り方の人生を喜ばすための活動)
と棲み分けてる感じですね。

 

そして、音声配信やこのボイログは、僕にとってはライフワークになります。

「お金を稼ぐための選択をしなければならない!」というグロい気負いがない分、遠慮なく素の自分を100%表現できる。

その上でたくさんの方と交流しながら楽しめたらいいなというのが、この活動の動機です。

 

副業のせどりだけでも1ヶ月で30万円、

本業のライター報酬を合わせると、それなりのお金を頂いています。

(契約上の守秘義務の問題などありますのでライター業のひと月あたりの報酬額は伏せます。30万円の方が副業というところからお察しください)

 

「大金持ち!ドヤァ!」とまではいきませんが、食べ物屋さんではメニューの値段を見ずに注文がデフォですし(カロリーは見ますw)、

50円玉以下の小銭は「重くて邪魔だから」というだけの理由でコンビニのレジ横の募金箱に入れるようにしています。

もともとモノへの興味が薄い人間なので買い物は最低限しかしませんが、何か買うとき「お金がない」を理由に購入をあきらめたことも、最近ではほとんどありません。

 

満員電車や目覚まし時計とも縁がない生活を送れています。

起きたいときに起きて寝たいときに寝る。ディズニーランドとかも人が少ない平日を狙って行く。

生まれつきの夜型&人混み嫌いな人間なので、今のライフスタイルにはとても満足しています。

 

・・・そんなふうに自由気ままにワガママに、好き放題生きている僕ですが、

もちろん昔っからこんな生活ができていたわけじゃありません。

突然、頭が悪くなった!?

僕はもともと小さな広告代理店で、営業マンとして働いていました。

小さな会社ではありましたが、営業成績はトップ。それなりに誇りを持って一生懸命に仕事しながら生きていたんです。

 

ところが、2011年に入った頃から、頭がうまく働かなくなりました。

どれくらい頭が働かなくなったかというと、、

 

「11桁の電話番号を紙にメモして、
あとでメモを見ながらその番号に電話をかける」。

あなたには、それができますか?

・・・いや、本気で訊いているんです。たぶん簡単にできますよね?

 

僕、できなかったんですよ。

理由は、11桁書くはずのところを間違えて12桁書いちゃってたから。

そして存在しない12桁の電話番号に繰り返し繰り返しコールしながら「繋がらない!え、なんで!?繋がらない・・・」とテンパっていたんです。

 

あ。これ、仕事中のできごとね。

あきらかに異常じゃないですか。普通なら1回や2回間違えれば、それに気づきそうなものなのに。

 

そこで上司に、「お前、大丈夫か?今日は帰っていいからお医者さんに診てもらいなよ」と言われ帰社。その足で病院へ向かい医師の診察を受けました。

今思えば素敵な上司です。たぶん、僕の異変をいち早く察知し最大限の気遣いをしてくれたんでしょう。

 

おそらく、、上司の予想どおり。

診断結果は、「うつ病、パニック障害、強迫性障害」のトリプル精神疾患。その次の日から会社へは行けず休職状態に。

こころの病気を発病したきっかけは・・・思い当たるフシはありますが、ちょっと話が暗すぎるのでここでは省きます。苦笑

あの日。忘れられない日ー

会社には席を残してもらっていました。

病気になるまでの間、それなりに仕事も頑張っていたし、理解ある社長や上司から「とりあえずしばらく休暇を取れよ」と言っていただいて。

 

結局、僕がその会社に戻ることはなかったんだけど。

 

2011年3月11日。東日本大震災。

もともと経営が傾きかけていたところへの不測の事態。千葉県の海沿いにあった僕の勤め先もその影響をもろに受けて、文字通り「倒れ」ました。

会社が倒産したことで、はい無職のできあがり。

 

また、震災の影響で宮城県仙台市に住んでいた友人や知り合いを亡くしました。

そりゃあ心の病気も悪化するってもんです。

 

さらに悪いことに、僕は(これ以上話が暗くならないように、またまた事情は伏せますが)そこそこ大きな借金を抱えてました。

働く場所がなかろうが働ける状態じゃなかろうが、負債が減ることはありません。

 

さて。困ったぞ。

借金300万円以上はある
知能電話番号の桁違いに気付かないくらい頭悪い
病んでる
職業無職
再就職震災後なのもあってより困難

こんな状態です。

あなただったらどうしますか?

このビジネスと出会った!そして別れた!w

ある日、目的もなく本屋をウロウロしていたときのこと。

雑誌コーナーに平積みにされていたビジネス誌の「稼げる副業特集」の見出しに引き寄せられ、その特集をパラパラと立ち読みしました。

そこではじめて、「せどり」という単語を目にしたんですね。

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。
(出典:Wikipedia)

こんな稼ぎ方があるのか!

すぐさま、そそくさとその本屋さんを後にし、今度は近所の古本屋へ行き、

立ち読みした雑誌のとおりに売れそうな本を求めて探索・・・

 

・・・・・、

 

・・・見つかるわけがありません。。汗

 

「ノウハウやツールも持ってないのに、素人がただ闇雲にどうやって売れる本を見つけるんだっつーの!」って今なら思います。

ちなみに、僕は今でこそ文章を扱う仕事をしていますが、実は活字が死ぬほど嫌いです。当時は本なんてほとんど読んでいませんでした。汗

本についての知識なんて皆無。

 

「そんなうまいことお金を稼げるわきゃないわな・・・」

手ぶらで古本屋を後にして、とぼとぼと家に帰ることに。これが、僕とせどりとの、しょっぱい出会い(と別れ)です。

ターニングポイントは突然に

どんなに辛くて苦しくても、「ちょっと練炭と七輪持ってくるわ・・・」って気分にはなれません。

「2011年の震災で、生きたくても生きられなかった人があれだけいるのに」という想いもあった。何とか逆境を突破する手段を考えていました。

 

とは言うものの…病気は思いのほか長く続き、精神安定剤と睡眠導入剤の副作用も手伝って、あいかわらず頭は回らず。

派遣アルバイトの超簡単な作業に追われながら、ギリギリの状態をやり過ごす毎日です。生きてはいません。死んでないだけです。

 

・・・転機は突然やってきました。

 

「あの日」本屋で副業雑誌を見かけて以来、僕は「雇われず自分の力で稼ぐ方法」に興味しんしんだったんです。

いわゆるネットビジネスをやっている人たちのメールマガジンを片っ端から購読していた時期。

 

あるとき、僕のスマホが1通のメールを受信しました。

件名には「音楽好きの人たちで集まって自由に飲み明かしましょう」という懇親会の案内が。

「え?音楽?好きですとも!」僕は速攻でそのメルマガを開き、申し込みフォームにパタパタと入力を始めたのです。

 

そのメルマガを書いていた人は、業界では有名な「ほぼ放置の自動収入で1億円を稼いだ」という人でした。

 

・・・今、

「放置の自動で1億?絶対うさんくさいやつじゃん」と思ったでしょ?笑

たぶん僕も精神状態がまともなら、いぶかしく感じてただろうなと思います。

 

心を病んでいてラッキーでした。当時うまく頭が働かなかったので、考えなしに申し込み、気がついたら懇親会に参加してました。

なんで懇親会に参加したのがラッキーだったのか?主催者の方が嘘も誇張もないガチの億プレイヤーで、しかも超いい人だったからです。

ラッキーはまだまだ続きますw

懇親会の会場となった、都内某所のお高そうな居酒屋さん。

月に300万円稼ぐバンドマンがいたり、家を断捨離して日本中を飛び回る自由人がいたり、そこは完全に異空間でした。。。

たぶんビジネス初心者&貧乏人は僕だけだったと思います。今思えば、よくあんなところにいけしゃあしゃあと出向けたなと自分で自分を褒めてあげたい。笑

 

そんな異空間の中で、もっとも腰が低く、ふんわりと楽しげにお酒を飲んでいた方が、この集まりの主催者さんでした。

正直、その場にいた誰よりもオーラがなかったw

だけどその場にいた誰よりも稼いでいる人。そのギャップにも強く惹かれるものがありました。

 

僕のラッキーはまだまだ続きます。

席替えタイムで、僕はその方のとなりに座ることができ、「放置で億」な自由人から1時間近くみっちりとお話を聞くことができたんです。

(周りの方々も、せっかく初心者が来てくれたんだからと、僕に席を譲ってくれたようでした。本当にみんないい人だった。。)

 

・・・僕の場合は「たまたま」運良く、素敵な方々に囲まれて楽しくこの日を終えることができましたが、

ビジネス初心者という「カモ」相手にその場で商品やサービスを売りつけて、お金を巻き上げようとする輩も少なくないですから、

知らない人が集まる場所に行くときは、ちゃんと主催者がどういう人間か?って調べた方がいいですよ!って、こんなの当たり前か。笑

「それなら絶対に、まずはせどりがいいですよ」

音楽の話題もそこそこに、僕は彼へ尋ねました。

「僕、ビジネスとか全くやったことなくて。何から手を付ければいいかも分からないんです。どうすればいいでしょうか?」

彼は柔らかい笑顔で、でも確信を込めた口調で力強く「それなら絶対に、まずはせどりがいいですよ。僕もせどりからビジネスを始めました」

 

(・・・せどり?せどりって、俺が一瞬だけ興味を持って一瞬で挫折した、あのせどり!?)

 

たしかに、今思えば僕が本屋さんで雑誌を立ち読みして古本屋さんに直行したときのあれは、挫折どころか実は始めてもいません。

「サッカー=なんかボールを蹴るスポーツ」しか知らないようなもんです。稼げるわけがない。笑

それなのに「せどりなんて稼げないじゃん」とあっさり決めつけてた自分。思い出すだけで、耳まで真っ赤になりそうです。

 

せどり、本気でやってみるか!

僕はテーブルの下でこぶしをギュッと握りしめました。

 

・・・

・・

楽しい飲み会の時間を終え、主催者の彼が「今日は楽しかったので、飲み代は全て僕が払います!」と数十万円はかかるであろう参加者全員分の会計をサラッと済ませてくれました。

「なんてかっこいいんだ!」その姿に憧れました。

 

彼のそんな姿に惹かれてた僕は、のちにその方が提供を開始したサービスに自発的に申し込むことになります。

そうなることまで彼の計算どおりだったとしたら、なおさらビジネスマンとしても男としても、すごいよなぁー。。。十分ありえそうなんだけどね。笑

全部ひっくり返してやるよ!

「まずはせどり…まずはせどり…」

ガタンゴトンと飲み会帰りの終電に揺られ、彼に言われたその言葉を心の中でブツブツと繰り返していました。

電車を降り、早歩きで家に帰って、すぐにせどりについての情報を片っ端から収集し、当時有名だったせどりノウハウの教材を買いました。

 

「まずはせどり…まずはせどり…」

プリントアウトした教材を読み込み、気が付けば朝。ブックオフに向かうために電車に乗り込む僕。

財布の中には5000円札が1枚。僕のなけなしの資金でしたが、不安はなくワクワクしています。

懇親会の翌日。徹夜で身体は疲れてるのかもだけど、久しぶりに目がぱっちり開いています。あまり眠くない。なんだか景色が明るい。

 

「まずはせどり…まずはせどり…」

最初に「せどり」と出会ったときと違うのは、気合いが入ってるということ、あらかじめ教材などで情報を仕込んでいること。

そして何より・・・「本ではなくCDを中心に仕入れよう」としていることです。

 

僕が買った教材には、せどりで稼ぐには本以外に、CD仕入れもおすすめと書かれていた。これでもバンドマン。音楽のことならお手の物です。

 

店舗に入り、さっそく仕入れ作業開始です。

首尾は上々。CDだったらバシバシ仕入れができました。教材を読んでいたこともあって本の仕入れもいい感じ。

ちなみに、僕がはじめて利益を出したCDがこれです。

当時、200円で仕入れて3000円くらいで販売。

仕入れに使った時間はたった5分・・・え!?たった5分??

 

「すげぇ・・・マジで稼げるじゃん・・・」僕はCDせどりの魅力にどんどんのめり込んでいったのです。

 

そして、心の中で決意しました。

「これまで散々な目に遭ってきた。

でもここからは、全部ひっくり返してやるよ!」

転売でも人をハッピーにできるんだな・・・。

CDせどりは順調でした。売り上げがどんどん伸びていく。

徐々に派遣バイトを入れる回数は減って、気が付けば精神安定剤や睡眠導入剤を飲むこともなくなりました。

 

僕は「転売」って行為に強い嫌悪感を持つタイプだったのですが、

「入院している父を元気づけたくてこのCDを買いました。

欲しかった品物がとてもきれいな状態で届き、父も病室で喜んでいます。本当にありがとうございました!」

商品の購入者さんから、そんなお礼の言葉をいただくことも少なくない。

 

「転売で人をハッピーにすることもできるんだな・・・」これも、僕がせどりにのめり込んだ理由のひとつかもしれません。

 

それから少しして、せどりの情報を発信するためのスクールにも入りました。

実践者として、せどりの「生きた」ノウハウを人に伝え、稼いでハッピーになってもらうための活動を本格的に開始。

スローガンは「あなたは幸せになっていいんだ」。当時から今までずっと変わっていません。

 

 

メルマガやブログを通じて「教え子」の方ともたくさん出会い、

ノウハウを伝えることで成果を出してもらい・・・

中には月商100万円を越える人も出てきたり。。中古せどりだけで月100万越えはなかなかのものです。

 

今までの僕は「人になにかを教える」という経験をあまりせずに生きてきたのですが、

自分のとっておきの情報を誰かがキャッチし、そして喜んでもらうことがこんなに快感だとは思いませんでした。

最近では、せどりに関しての音声コンテンツも配信しています。

そして、2021年、新しいステージへ

先ほど書いたように、僕は活字が大嫌いです。

本だって、たぶん普通の人よりも読む冊数はだいぶ少ない。

だから余計になぜなのか不思議なんですが、僕の文章は「うまい」らしいです。本人はあんまり自覚ないんだけど。笑

 

メールマガジンでは、主にせどりについてあーだこーだと語っています。

にもかかわらず、せどりに全く興味のない人も僕のメルマガを読んでくれていたり。

「ラッタの文章が好き」って理由で、せどりなんてやらないのに読んでくださる方が一定数いるんですね。

 

その中の1人の読者さんから、ある日オファーを受けました。

「私はある会社の経営者をやっています。ラッタさんの文章力に惚れました。うちの会社のDM(ダイレクトメール)執筆を手伝っていただけませんか?

これが、僕のライターとしてのキャリアの始まりでもあります。またしても転機は突然に。。。

 

ライターのお仕事については、基本的にゴーストライターとして活動しているため、

各個人さんや法人さんとの守秘義務もあり詳細は明かせませんが。。まあ・・・それなりの金額を頂戴しております。笑

 

そして。2020年、秋。

試験的に文章の書き方を教える小規模なウェビナーを開催したところ、参加者様からのフィードバックと、たしかな手応えがありました。

「せどり以外にも、こっちはこっちで求めてくれる人多いんだな」と。

 

そんなわけで、2021年以降は、せどりだけではなく、ライティングのノウハウを人に伝える活動もしていこうかと考えてます。

ブロガーさんやライター志望の方に対しても、そこそこ語れることは多いと思いますし。

おわりに

ここまでの長文を読んでくださった、ド変態のあなた!笑

もう6000文字以上読んでますよ・・・何やってるんですかw

 

でも、感謝です。

僕のしょーもない身の上話にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 

本当なら、さらにライター業のお話なんかもしていきたいんですが、

これ以上長い文章を読まされるのは、あなたにとって苦行でしかないと思いますし、

何よりゴーストライターという立場上書きたくても書けないことも多いので、この辺で〆させていただきます。

 

人生いろいろ。

良いこともあれば悪いこともある。僕のように、あるいは僕以上に超どん底を経験した人も少なくないでしょう。

いや、もしかしたら今まさに「どん底経験なう」な人もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。

 

かつては、この世に存在しない12桁の電話番号に何十回もコールをかけて「繋がらない!」と半べそかいて慌てふためいていた僕が言います。大丈夫です。

心も身体も職歴も財布の中身もズタズタな、人生の底の底からたった1枚の5000円札がきっかけで這い上がり逆転勝利した僕が言います。大丈夫です。

 

今のこの時代、少なくとも「お金を稼ぐ」程度の問題だったら、その方法は無尽蔵にあふれています。

そんな紙切れ集めの方法なら、僕のようなアホでさえ教えられます。笑

 

そしてお金だけじゃない。ボイログや、このサイトが紹介する各種コンテンツには、

あなたが幸せを感じ人生を楽しく生きられるための宝物がところ狭しと詰まっています(しかもどんどん増えていきます)。

これからも、ボイログを通じて、あなたと交流しながら楽しくハッピーに生きていくことが、今後の僕の目標だったりします。

だから・・・仲良くしてねっ!(なにこれw)

 

あ・・・やべぇ。ついに7000文字を突破してしまいました。

いい加減マジで〆ます・・・。

 

それでは、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました!

また近いうちにどこかで、あなたとお会いできる日を楽しみにしています。

 

■ラッタ

音楽が心のビタミン。
爆音と無音と飲むヨーグルトが好きです。
せどりとか、アフィリエイトとか、ゴースト作詞&作曲家とか、ゴーストライターとか、集客支援とか、講師業とか…何やかんや自由に生きてます。

Twitterhttps://twitter.com/ratta_tw
stand.fmhttps://stand.fm/channels/
ブログhttps://ratta.biz/
Facebookhttps://www.facebook.com/haratadd9
メールマガジンhttps://ratta.biz/?page_id=2540

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


reated in 0.59454417228699 seconds, on 17-09-21 12:11:07 -->