スタエフの使い方

【stand.fm】スタエフでおすすめチャンネルをパソコンに保存する方法

ウエハース
ウエハース
どうもウエハースです。

stand.fmで自分の収録や、お気に入りの収録を外部へ保存できたらな~って思ったことないですか?

僕はあります。しかし、外部音源をスタエフにアップする方法はあっても、その逆ができる方法が今までありませんでした。

まあ、厳密にはMacでのやり方は発見したのですが、ちょっと初心者には難しいやり方になるので、もっと簡単な方法がないのかな?と思ったのです。

そこで今回は自分の収録や、お気に入りの収録を外部へ保存する方法をお伝えします。

いつ自分の収録やお気に入りの収録が消えてしまうかもしれない・・・・・・
そんなリスクを恐れながらアップし続けるのは精神的に良くありません。

なので、この方法を試してみてください。

この記事の内容
●収録音声をパソコンに保存するために必要なアイテム
●拡張子の変換方法
●まとめ

 

スタエフの収録音声をパソコンに保存するために必要なアイテム

stand.fmの収録音声を外部へ保存するためには以下のアイテムが必要になります。

iPhoneまたはiPad【僕がiPhoneユーザーなのでiPhoneでの解説になります】

Chatwork・チャットワーク【ビジネスチャットツール】

パソコン

 

※僕はiPhoneユーザーなので、iPhoneを使った方法を解説します。

まずはiPhoneを利用して、stand.fmにて自分のチャンネルを開いてください。

 

チャンネルを開いたら、iPhoneの画面録画機能を準備しましょう。

iOS 11 以降および iPadOS を搭載したiPhoneやiPadで画面録画機能が利用できます。

画面録画機能の使い方ですが、録画したい収録チャンネルを開いておき下から上方向にスワイプしましょう

 

これでstand.fmの収録音声を撮影します。
この方法だと、外部の雑音を拾わないので、クリアに収録を撮影することができます。

画面上部の赤い枠が表示されている時は、録画状態になっていることを表しています。

録画を停止する時は、上部の赤い枠をタップしてください。

そうすると、キャンセルか停止の選択表示が出ますので、停止を選択してください。

 

収録した動画は写真アプリに保存されます。

 

このままでは拡張子がmp4なので、音声ファイルとして使うことはできません。

拡張子とは?

拡張子とは、それぞれのファイルの種類を区別させるためにあります。 ファイル名の後にピリオド、その後に3文字程度の英数文字列の構成になっています。 拡張子により割り当てられるアプリケーションが異なります。 間違った拡張子ではファイルを開くことができなくなる場合があるので注意してください。

引用元:Wikipedia

 

音声ファイルを開くことができる拡張子はmp3なので、mp4のデータをmp3に変換する必要があります。

そのためにまずはiPhoneに保存された動画ファイルを一旦パソコンに移す必要があります。

そこで動画ファイルを移すための方法が必要なのですが、僕はChatwork・チャットワーク【ビジネスチャットツール】を利用しています。

※チャットワークはスマホとPCで情報を共有できるので、データの送受信が非常に便利です。

本記事ではチャットワークを利用していますが、パソコンに動画ファイルを移すことができるツールならどのツールを利用しても構いません。

チャットワークを利用した動画ファイルの移し方

まずはチャットワークアプリをタップしてください。

そうするとマイチャットが表示されますので、このマイチャットに収録した動画ファイルを送信します。

 

まずはチャットワークのアプリをタップします。

そうすると、マイチャットが表示されます。

マイチャットをタップして、マイチャット内で+をタップして、カメラロールを選択します。選択しましたら録画した動画ファイルを送信しましょう。

そすると以下のようにファイル名が表示されています。

 

ここでパソコンからチャットワークを開き、送信した動画ファイルをダウンロードします。

ダウンロードのやり方はファイル名をクリックするだけです。

クリックするとダウンロードしますので、完了しましたらパソコンに取り込みましょう。

Google Chromeのブラウザをご利用の場合は、ダウンロードファイルは左下に表示されます。このファイルの上にカーソルを持っていき、ドラッグ&ドロップでパソコンへ投げましょう。

 

これで、動画ファイルをパソコン内に保存できるようになります。


拡張子の変換方法

パソコン内に保存した動画ファイルは拡張子がmp4なので、このままでは音声ファイルとして使用することはできません。

そこで音声ファイルとして利用できるようにmp3に変換させる必要があります。

拡張子の変換ツールは様々ありますが、ここでは無料で使える【MediaHuman Audio Converter】を使用します。

MediaHuman Audio Converterはこちらからダウンロードできます。

MediaHuman Audio Converterの使い方

MediaHuman Audio Converterの使用方法は非常にシンプルです。

画面中央に変換したいファイルをドロップするか、左上のアイコンから選択するかしてから、②のアイコンをクリックします。

そうすると変換が始まります。

終了すると右側に虫眼鏡のアイコンが表示されますので、この虫眼鏡をクリックすると、指定された場所に音声ファイルが格納されます。

 

 

これで動画ファイルから音声ファイルへの変換が完了です。
あとはこれを保存したり、外部音源として利用したりすることができます。

【stand.fm】スタエフでおすすめチャンネルをパソコンに保存する方法|まとめ

今までstand.fmにアップしてしまった収録音声を外部に取り出すことがなかなかできず、このまま何かしらの不具合が発生して、収録した音声が全て消えてしまったらどうしようと考えていましたが、今回の方法でパソコン内に保存することができるようになりました。

僕と同じようにstand.fmで収録した音声を外部に保存したいと思っている人は、今回の方法を試してみてください。

尚、今回の方法はWindows、Macの両方で可能です。

ただし、スマートフォンはiPhoneの画面撮影が必須になるので、同じような機能がアンドロイド携帯にもあれば、同様の作業が可能になると思います。

 

今回の情報を提供して頂いたのは、stand.FMで活動している、【カノコの雑談部屋】鹿の子氏さんです。

ABOUT ME
ウエハース
北海道在住。スタエフ応援サイト【ボイログ】運営責任者。スタエフをより楽しむためにスタエフ応援特化サイトを開設。開設4時間で1000PV達成。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA